HOME>トピックス>同人活動で使える本や卓上カレンダーなど作成しよう

同人活動に使えるのは本だけ?

同人活動と聞くとどうしても同人誌というイメージを持っている人が多いです。しかし、本以外にも様々なグッズを作ることができます。大好きなキャラクターのイラストを入れた名刺作成や卓上カレンダー作成、イラストを加工してキーホルダーとして作ることもできます。

同人活動で作成されるグッズ

  • 同人誌
  • イラスト入り名刺
  • イラスト入り卓上カレンダー
  • キャラクターのポストカード
  • キャラクターのラミネートカード
  • キャラクターの缶バッチ

本と合わせて様々な作品を作ろう

自分が描いた漫画を本にするように、イラストを使ってグッズなどを作ると、同人活動の幅が大きく広がります。また、グッズとして形を残すことで、様々な場面で自身の評価を伝えることができます。

同人誌を完成させる流れを知る

print

印刷所を探す

同人誌を作成するにはまず印刷所を探しましょう。店頭へ足を運ぶ必要がある印刷所もあれば、オンラインでも受け付けてくれる印刷所があるため、自分にあった印刷所を探し出すことが大切です。

見積もりを出してもらおう

印刷所が決まったら、作成するサイズや部数を伝えて、見積もりを出してもらいましょう。そうすることで、本の紙質を変えたり頁数を減らしたりと予算に合わせた変更ができます。

原稿データを入稿する

見積もりに問題がなければ業者へ原稿データを渡しましょう。早めにデータを渡すことで、完成までの時間を短くすることができます。また、事前にいつまでに完成予定と伝えておくと、業者が逆算して締切日を設定してくれるサービスもあります。

問題なければお支払い

原稿データが入稿されれば、業者の方で誤りがないかを確認してくれます。誤字脱字だけでなく、文字が入っていない部分も事前に連絡がない場合には間違いと認識して連絡してくれます。その後、問題がなければ料金の支払いをおこないます。

完成品を納品する

支払いが完了すればあとは業者にて印刷、製本をおこないます。予定している部数が刷り上がれば完成になります。期限まで業者の手元においてもらい、イベント会場まで発送することもできれば、自宅へ発送してもらうこともできます。

同人活動で使える本や卓上カレンダーなど作成しよう

CMYK

同人誌の金額はサイズ・部数・頁数で決まる

同人誌を作成するにあたって気になる料金ですが、主に本のサイズ、部数、頁数によって決まります。この料金にプラスすることで、紙質を選ぶことができるため、まずは部数と頁数を決め、予算に合わせて紙質を選ぶようにするといいかもしれません。